二人で描く抽象画

2019.03.31 Sunday

3月 地域活動支援センター たんぽぽさんで「二人で描く抽象画」を開講しました。

 

 

2人1組となり、交互に線を描き、パステルで色をのせながら作品を仕上げてゆきます。

 


たんぽぽさんでは、初の共同作品です。

 

わりばしペンで、線の太さ・点・曲線、の表現を使い、自分が感じるままに線を描いて行きます。

 

 

 

いつもは「自分だけで自由に作る作品」でしたが、


今回はペアで交互に描いて行くことにより、

 

次の構成や画面展開が予測できない楽しみや難しさを体感しながら作品を制作して行きます。

 

 

 

 

 

 

いつもは使わない色使いや線が描かれて返ってくると

 

次は何の色を使おう?

 

と、慎重にバランスなども考えながら描いている方が多かったように思います。

 

 

 

 

ペアの人が塗りにくくなるといけないので、ラインの中を丁寧に綺麗に塗ってゆきます。

 

ペアの方への気づかいも見受けられました🌸

 

 

 

 

 

最後は全員分の作品をつなげて大きな作品として貼り付けます。

 

 

 

 

たんぽぽのみなさんは日頃からチームワークが良いこともあり、

 

初の共同作品でしたが楽しみながらスムーズに描くことができました。

 


感性溢れるダイナミックな作品をありがとうございました☆

 

 

横浜中ロータリークラブ主催「障がい者作品展」@神奈川県民ホール

2019.03.30 Saturday

横浜中ロータリークラブ主催「障がい者作品展」

 

@神奈川県民ホール

 

 

☆☆臨床美術の講座をさせて頂いている、たんぽぽの皆様の作品も展示されます☆☆

 

 

4月12日(木)から15日(日)までの4日間、

 

神奈川県民ホール第4展示場で行われます。

 

 

入場無料。

 

午前10時〜午後6時(最終日は1時)

 

https://rarea.events/event/27972

日本認知症予防学会よりエビデンス認定をいただきました

2019.03.12 Tuesday

臨床美術が臨床美術療法として

 

日本認知症予防学会よりエビデンスの認定を受けました。

 

 

 

芸術造形研究所HPより

 

http://www.arttherapy.gr.jp/news/1033/

 

 

 

<以下判定根拠>

 

<審査結果>

グレードC:臨床美術療法は、認知症患者の知的機能を改善する可能性が有る。


グレードB:臨床美術療法は、認知症患者の情動障害(BPSD)の改善効果が認められる。

 

 

 

 

介護予防や認知症を改善、表現する喜び引き出す“臨床美術”

2019.03.06 Wednesday

Newsポストセブンに臨床美術の記事が掲載されています↓

 

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190305-00000017-pseven-life

 

 

 

絵を描くときに大切なのは、“観察”と“体験”なのです。

 

人は見ているようで、実はよく見ていないこともある。

 

りんごなどは赤くて丸くて軸があるという記号として覚えているので、

 

観察しなくても何となく描けてしまいます。

 

でもそれではつまらない。

 

よく観察してにおいや味まで感じ、そこで心が動くから、表現したくなる。

 

そして存分に表現できた作品が褒められると本当にうれしい。

 

人生が楽しくなるのです」

 

 

 臨床美術のプログラムで認知症の人たちが描いたという満開の桜の絵を見せてもらった。

 

どれも立派な枝ぶりで、画面には描かれていないが、

 

花見の宴の楽しそうな雰囲気まで伝わってくるようだった。

 

 

「これは実際の桜の木を写生した絵ではありません。

 

写真なども使って今まで見た桜についてお話をし、

 

イメージを呼び起こして描いてもらいました。

 

ですから、枝ぶりなどは想像上のもの。

 

その人の人生で経験した桜の美しさやお花見での楽しい気持ちが表現されています」

 

 

 絵を描く喜びを得るには、画用紙を用意するより前に、心が動く体験が大切なようだ。

 

 

 

(記事より一部抜粋)

 

 

 

 

<たんぽぽのみなさんが描かれた りんごの抽象画>

認知症介護現場の芸術療法、上手に描こうとしないのが重要

2019.03.06 Wednesday

女性セブン2019年3月14日号に臨床美術の記事が掲載されています↓

 

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190304-00000014-pseven-life

 

 

 介護、認知症ケアの現場などでも行われている

 

芸術療法(アートセラピー)の1つである“臨床美術”。

 

絵画やオブジェを楽しんで作ることで脳を活性化させ、

 

高齢者の介護予防や認知症の症状改善にも効果が期待できるという。

 

--------

 

絵画といえば、たいていの人にとって、

 

学校の美術の時間に“描かされた”という印象なのではないだろうか。

 

「たとえば1〜2才の子供に画用紙と鉛筆を持たせると、喜々として描き始めます。

 

もう少し大きくなって風景を描き、太陽を黒色で描くと周囲の大人が言うのです。

 

“太陽は赤でしょ”と。そして“これは何?”と絵の説明を求めたりもする。

 

 絵を描くというのは、実は自己表現なのです。

 

でも大人になるにつれて

 

『絵は見た通りに近いのが上手』

 

『みんながわかる太陽を描くことが正解』といった尺度で見るようになる。

 

すると、描いた方は表現した自分自身が否定されるわけで、

 

次にどう描けばよいかわからなくなる。

 

おそらくそんなことが積み重なり、多くの人が“描くのは苦手”となるのでしょう」

 

(一部記事抜粋)

謹賀新年☆亥年賀状

2019.01.01 Tuesday

2019年 謹賀新年🎍

 

皆様にとってご多幸多き年になりますように🌸

 

今年も宜しくお願い致します。

 

 

 

先月、地域活動支援センターたんぽぽさんで制作した「亥年賀状」です。

 

 

 

 

アクリル絵の具、折り紙を使用し、一人3枚〜5枚制作して頂きました。

 

 

 

亥の色や表情もそれぞれに異なり個性的です。

 

世界に1点しかない手作り年賀状が完成しました✨

 

 

 

臨床美術の手法を取り入れ、独自に提案させて頂いたプログラムです。

 

手が不自由な方もスポンジで簡単に色つけができます。

 

 

 

イメージの絞り出しも制作の一環です。

 

レイアウトや色を何パターンも考えないといけないので、

 

みなさんそれぞれに考えながらじっくりと制作されていました。

 

 

どんな言葉を添えて、この年賀状を送っているのでしょうか?

 

 

 

たんぽぽの皆さんと共に今年も臨床美術を楽しんで行きたいと思います🌸

 

 

 

 

2019年もクリエイティブを楽しみましょう☆

 

 

映画 岡本太郎の沖縄

2018.10.26 Friday

岡本太郎さんのドキュメンタリー映画が明日より公開です。

 

 

 

「沖縄とは、私にとって一つの恋のようなものだった」

 

岡本太郎は、自ら沖縄へ溶け込み、そして自分自身と出逢ったのだ。

 

岡本太郎の沖縄は、今の私たちに何を投げかけ、今の私たちとどうつながるのか?

 

(WEBサイトより)

 

 

http://okamoto-taro.okinawa/#container

 

 

久高島の神行事 イザイホーの映像が

 

現代の技術で綺麗な映像、鮮明な音とともに復活しました。

 

 

 

「沖縄の中にこそ、忘れられた日本がある」


「沖縄で、私は自分自身を再発見した」 - 岡本太郎

 

 

 

沖縄&岡本太郎、そして久高島。

 

今年はキーワードのように何度も遭遇した、岡本太郎さん。

 

気になる映画なので、私も観に行きたいところですが、

 

現時点では、関西&沖縄での上映のようです。

 

関東での上映をお待ちしております☆

 

 

 

 

ラッキーナンバーデザイン

2018.10.26 Friday

紅葉の季節が近づいてきましたね。

 

9月地域活動センター たんぽぽさん講座は

 

「ラッキーナンバーデザイン」でした。

 

 

数字の形をもとにネガの形を入れながら造形する。

 

直線と曲線、カーブなどの形の成り立ちを利用しながらアクリル絵の具で描き加え、

 

デザイン画へ展開するプログラムです。

 

 

それぞれに思い浮かぶ好きな番号をもとに装飾を加えてゆきます。

 

 

 

「なぜこの番号を選んだんですか?」その番号に対する思い出や気持ちなどをお話しして頂きました☆

 

 

こちらの作品は、ジェームズボンドをイメージされたそうです。

 

 

様々な意味があって奥深かったです。

 

 

 

お誕生日月の数字を選ばれている方も多かったです。

 

 

 

 

 

 

 

9月も元気な作品をありがとうございました☆

 

 

 

Kudaka Kids Art Project

2018.10.21 Sunday

沖縄 久高島キッズアートプロジェクトがスタートします。

 

内容を転載させて頂きます☆

 

第1回ワークショップは11/3, 11/4

 

武蔵野美術大学の先生をお招きしてので

 

「日本画ワークショップin沖縄久高島」

 

 

https://www.kudakakids.com

 

 

 

久高島の子供達の感性が生み出すアート。どんな作品が誕生するのか楽しみです♡

 

参加型ワークショップですので、島外の子供も参加可能です。

 

 

 

今後の活動を応援しています☆

横浜ラポール芸術市場

2018.10.09 Tuesday

障害のある方の自己表現や社会参加の可能性を広げ、

 

多くの方たちとの「障害の有無を超えた交流」を目指す

 

「横浜ラポール芸術市場」が10月22日(月)からラポール美術展が開催されます。

 

隔月で臨床美術を開講させて頂いている、

 

地域活動支援センターたんぽぽの皆さまも出品致します✨✨ 

 

 


手作りアート体験、ワークショップもあります。

 

「横浜ラポール芸術市場」で秋の一日をお楽しみください!

 

 

 

☆ラポール美術展☆

 

日程:10月22日(月)〜28日(日)

 

時間:10時00分〜17時00分


   (22日のみ12時00分〜19時00分、28日は16時00分まで)

 

会場:ラポールボックス・大会議室ほか

 

横浜市港北区鳥山町1752 障害者スポーツ文化センター 横浜ラポール

 

アクセス→http://www.yokohama-rf.jp/rapport/access/

 

新横浜駅より徒歩10分

 

※ 入場無料

 

 

http://www.yokohama-rf.jp/rapport/rapporappo/