画材の個性

2018.09.12 Wednesday

写真を整理していたら、昔に制作したプログラムのサンプルを発見。

 

 

アクリル絵の具、

 

水彩絵の具、

 

オイルパステル、

 

それぞれの画材による表現の違い。

 

 

 

最近、臨床美術ではありませんがパステルアートを体験しました☆

 

パステルは昔から自己流で使用していましたが、

 

使い方を習ってみると、また違う描き方で新しいテイストの作品を描くことができました。

 

使い方が変わると色使いや構図も変わる。

 

パステルのメーカーによっても発色が違う。密度が違う。

 

パステルの世界も奥深く、楽しかったです♫

 

 

 

画材の個性もそれぞれ。

 

自分に合う画材、描き方、使い方で制作を楽しんでみて下さい☆

 

 

”描く、造る”ことが心を表現する〜美術による認知症治療のメカニズムを考える〜

2018.01.22 Monday

宇野正威医師 特別講演会 in 東京藝術大学


「”描く、造る”ことが心を表現する〜美術による認知症治療のメカニズムを考える〜」

 

臨床美術士に限らず、一般の方も参加可能です。

 

 

 

日本に初めて「もの忘れ外来」を設立した医師、宇野正威氏による臨床美術が認知症、

 

特にアルツハイマー病の治療にいかに関わるかについて考察します。


先生は2000年より国立精神神経センター武蔵病院をはじめとして

 

吉岡リハビリテーションクリニックなどで臨床美術を実践研究され、

 

書籍も多数出版されています。

 

 

 

日時:2018年2月18日(日) 13:30〜15:00

 

会場:東京藝術大学美術学部 中央棟 第1講義室


   〒110-8714 東京都台東区上野公園12-8


主催:臨床美術学会、日本臨床美術協会、芸術造形研究所

 

定員:150名(定員になり次第締め切り)

 

参加費:臨床美術学会、日本臨床美術協会会員は無料


    一般 1,080円(税込)

 

講師 :宇野正威


    臨床美術学会 顧問


    日本臨床美術協会 顧問


    メモリークリニック御茶ノ水 顧問医師 

 

 

 

 

【本講演会のお申込み、お問い合わせ先】

 

http://www.clinicalart.gr.jp/20180218.html

 

 

大手企業研修に「美術鑑賞」 製造業の現場でも導入される理由

2018.01.04 Thursday

美術鑑賞を通して、作品について見るものを語ったり、他者の意見を参考に

 

観察を深める「対話型鑑賞」という取組みが起業から注目を集めています。

 

 

以下、続きは下記の記事へ

 

AERA dot.に掲載の記事です↓

 

「大手企業研修に「美術鑑賞」 製造業の現場でも導入される理由」

 

https://dot.asahi.com/aera/2017113000043.html?page=1

 

 

 

「これまでは、やれば結果が出るという正解がありました。

 

これからは正解が見えない時代です。自分たちで正解を探していく、

 

発見していく新しい発想が必要になってきているわけです。」

 

(コメント一部抜粋)

 

 

 

 

「別の視点」「気づかなかった見え方」自分の枠の範囲を越えた新しい視点の獲得は、

 

美術に限らず、これからの時代の大切なキーワードになりそうですね。

MIRAIMAGINE WEBサイト掲載

2018.01.02 Tuesday

NHK WEBサイト MIRAIMAGINEに臨床美術が紹介されています。

 

 

http://www.nhk.or.jp/shutoken/miraima/articles/00094.html

 

 

(2015年3月20日(金)NHK首都圏ネットワーク放送内で放送された「臨床美術で脳を活性化 認知症の治療・予防に」

 

というタイトルで紹介された際の内容が、豊富な写真画像とテキストで掲載されています。

2018明けましておめでとうございます

2018.01.01 Monday

 

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

皆様のご多幸を心からお祈り申し上げます。


今年もクリエイティブを楽しみましょう青い鳥★

 

 

臨床美術士

2017.08.17 Thursday

8/17放送!テレビ朝日系列・木曜ミステリー「遺留捜査」に

 

次回放送の第6話に「臨床美術」や「臨床美術士」が登場するそうです☆

 

事故現場に残された「遺留品」から事件を解決していくシリーズとして

 

毎シーズン好評のドラマ「遺留捜査」。

 

どこにどのように登場するかは、ぜひ本編をご覧ください。

 

テレビ朝日・木曜ミステリー「遺留捜査」毎週木曜夜8時〜


http://www.tv-asahi.co.jp/iryu_08/story/0006/

 

 

 

「臨床美術」「臨床美術士」は、まだまだ世の中に知られていないので、

 

形式にこだわらず、いろいろな場面で広まって行ってほしいと思います。

 

 

 

※あくまで「ドラマ」であり「フィクション」です。

 

実際の「臨床美術」や「臨床美術士」とは異なる場合がございます。

 

 

 

「おはよう中国」ニュース番組で紹介されます

2017.07.07 Friday

…………………………………………………………………
中国地方にお住まいのみなさまへ

テレビ放送のお知らせ  
………………………………………………………………… 

 

7月8日土曜、以下の番組で臨床美術が紹介されます。


朝7時30分〜8時の中国地方のNHKニュース放送、


「おはよう中国」というニュース番組内で5分間流れます。

 

 

 

放送詳細に関してはこちら

 

 

鳥取でご活躍中の臨床美術士 井澤ゆうかさんのブログ↓

 

http://our-art.jugem.jp/?eid=369

 

 

私、個人的にも、クリニカルアートあわーさんのファンです。

 

臨床美術の楽しさ、素晴らしさが伝わる作品、体験者さんの達の笑顔溢れる現場。

 

ブログとあわせて、ご参照ください☆

 

 

アトリエの森

2016.12.08 Thursday

妹のアトリエに紙の森ができました☆

 

 

自然のパターンは最高に単純で繊細ですキラキラ

 

来年度から、いろいろな展示がスタートするようなので、たまに作品を紹介させて頂きます。

 

第8回臨床美術学会大会 in 東京藝術大学

2016.08.24 Wednesday

2016/10/9(日)〜10/10(月)に開催される

 

第8回 臨床美術学会大会にて若年性認知症研究の発表が行われます。

 

(共同演者として名前を入れさせて頂いております)

 

 

 

臨床美術士だけではなく、一般の方も大会に参加可能です。

 

☆研究内容、その他、大会プログラム内容に興味をお持ちの方は、


下記よりお申込み下さい。9月12日(月)締切↓

 


http://www.clinicalart.gr.jp/event.html

 

 

 

 

<参加費>


事前登録

会員 11,000円 / 一般 13,000円

 

*席に余裕がある場合のみ、当日受付をいたします。
会員 13,000円 / 一般 15,000円

 

 

毎日新聞掲載「臨床美術で脳を活性化」

2016.08.17 Wednesday

毎日新聞2015年8月6日朝刊11面「臨床美術で脳を活性化」として、

 

木村クリニック・アールブリュでの取り組みや

 

一般向け公開講座の臨床美術教室が取り上げられました。

 



WEBサイトより記事全部がご覧に頂けます↓
http://mainichi.jp/articles/20160806/ddm/013/040/029000c

 


<芸術造形研究所HPより>